競艇の八百長の瞬間を捉えた動画!?八百長疑惑があったレース

競艇の八百長動画ボートレーサー
パイレーツの財宝

競艇界に衝撃を与えた八百長事件が起きた!?

ギャンブルとして健全に予想を楽しむべきである競艇。

レースを予想することに楽しみがあり、的中すれば嬉しくて外れれば悔しいものだが、それを予想することが醍醐味です。

 

しかし一方で金銭が絡むギャンブルが故に時として、選手が故意に着順を不正するいわゆる八百長疑惑のようなレースも正直なところ存在しているのではないかと言われます。

 

そんな中、疑惑で済むことなく競艇界を大きく揺るがす八百長事件が発生してしまいました。

三重県出身の元A1級選手が親族の男から現金を受け取り、見返りにレースの着順を不正した八百長の疑いによりモーターボート競走法違反(競走の公正を害する行為、賄賂)で逮捕されたのです。

 

このニュースは大きく取り上げられて衝撃を与えました。不正が行われたとされるレースは、2019年7月2日にびわこ競艇場で行われた二つのレースです。

 

一つは第7レースで同選手は2号艇で出走しました。

このレースはスタート直後の第1ターンマークで4号艇が転覆のアクシデントとなり、まもなくして救護艇が出てきています。

救護艇が出動すると選手はその付近ではスピードを減速し航走しなければならず、順位を追い抜かすなどの航走はしてはいけないことになっています。

この時、同選手の2号艇は第2ターンマークを旋回後3番手で走っており1艇身半ほど後ろに3号艇選手が4番手で走り、救護艇の横を通り過ぎる2周目第1ターンマーク付近でも3着でした(映像ではカメラが切り替わっており、肝心の順位が入れ替わる部分が確認できませんが)。

 

通常ならこのまま同選手の2号艇は3番手のままのはずです。しかしカメラが映っていないこの瞬間、故意に不自然な減速をしたと見られ3番手が3号艇となっており、結果3号艇が3着、同選手の2号艇は4着の順位で確定となりました。

 

実際のレースの模様は、こちらのURLで動画確認できます。

【西川昌希】八百長で逮捕されるきっかけとなった公営競技史上最悪のレース

 

はっきり言ってこの着順はあり得ないです。

 

なおこの日の第10レースでも着順の不正が行われておりました。

その後同選手は逮捕されますが、名古屋地検特捜部の発表によると同選手の親族の男が舟券を大量購入し50倍以上の倍率(オッズ)で多額の払戻しを受けれるようにするため故意に順位を下げたようです。

それを実行するのに男と連絡を取り合うために、持ち込みが禁止とされている携帯電話を選手宿舎に持ち込んで周りに見つからないよう連絡を取り合っていたなども発覚し、巧妙な手口で八百長を行いました。

 

なおこの親族の男も同選手に現金を渡した疑いによりモーターボート競走法違反で逮捕されています。

二人が逮捕される前に、このレース展開自体に違和感があると競艇ファンの間では騒がれて、八百長が行われているのではないかと疑惑が持たれていましたが、ファンの間で騒がれるだけで特に何ごともなく同レースについては闇の中の状態になったままでした。

 

しかし名古屋地検特捜部が捜査し逮捕のニュースが流れた後は、競艇ファンからはやっぱりそうだったなどと落胆や怒りの声が続出しました。

特に同選手が出走したレースで舟券を購入した人は必死で予想し大きな金額を使って舟券を購入しているのだから、怒り心頭でたまったものではない気持ちだと思います。

 

この事件については、モーターボート競走法に基づいて競艇を行う競走実施機関に指定されている日本モーターボート競走会が再発防止に徹底していくと会見をしました。

選手の活躍あってのファン、ファンがいての選手の活躍だけにこの八百長事件は競艇全体のイメージ、信用、信頼が大きく損なわれたものであルト思い、二度とこのようなことがあってはいけないことでしょう。

ファンを裏切るから、絶対に許されるべきではない八百長

つい最近発覚した八百長事件について説明しましたが、競艇に限らず何があろうとギャンブルでの八百長は絶対に許されない行為です。

日頃、競艇を楽しんでいる私もこのニュースを知った時は、衝撃だったしそれと同時にふざけるなよ!という腹立たしさも感じました。

またこのようなことが明るみに出たので、同選手以外の他のレースでももしかしたら…という疑いの目線でレースを見るような気持ちにも若干なってしまいました。競艇ファンからしたら、競艇の世界で日々頑張っている選手を応援や信頼していたのに裏切られ、競艇に対するイメージが悪くなったとか、不信感を抱くことになったなどという思いにかられる出来事といえるでしょう。

 

なぜならファンは予想して舟券を買うことを前提として競艇を楽しむので、このようなことが起きてしまうと舟券を購入する気がなくなります。

またニュース番組や新聞、ネットニュースなどで上記の元選手の逮捕されたニュースが世の中に発信されてしまったため、競艇に関心を持っていない人、競艇をせっかく始めようと思っていた人などに対しても、競艇のイメージが悪いものとなってしまったのも事実間違いないでしょう。

 

今後このような八百長事件が絶対に起こすことなく、ファンが純粋に競艇の予想を楽しめるよう、日本モーターボート競走会には選手管理など八百長を防止する対策をとにかく徹底してもらい、ファンを裏切る行為がないようになってほしいと思います。