土屋南選手の経歴・実績は?土屋南の魅力に迫る

土屋南選手ボートレーサー

女子レーサー土屋南選手ってどんな選手?

現在、競艇で活躍する女子選手は全体で約200名ほどいるといわれております。

そのなかでたくさんの若手女子選手がレースの経験を積んで頑張っています。なかでも今後の活躍が楽しみで期待されている女子選手の一人が、岡山支部所属の土屋南選手です。

彼女は現在23歳で、登録期119期登録番号4964のA2級選手。可愛いらしいルックスや笑顔といった雰囲気から彼女が好きで応援する競艇ファンも多く、今年の3月3日から8日にかけて鳴門競艇場で開催されたファン投票で出場選手が決まる「第4回レディースオールスター」ではファン投票第7位になるなど人気も上り調子で、実力も着実に上げてきていることが彼女の魅力にしていることだと思います。

なお師匠は同支部の村岡賢人選手で、いろいろ指導を受けたり面倒をみてもらっているようですよ。

競艇選手を目指したキッカケは?

土屋南選手は岡山県倉敷市出身で、幼少期や小中のことから父親に競艇選手になればと言われ続けていたそうです。

父親もジェットスキーの元プロ選手だったようなのでそれで言い続けていたのかもしれませんが、土屋選手がまだ小さい頃にボートに初めて乗せた際、怖がることがなかったそうでこれで競艇選手になってくれることを確信したかもしれません。

しかし父親の勧めにも土屋選手はボート自体にそもそも興味がなかったようで、なくなく試験に受けることになり合格し競艇選手になったそうです。

高校時代にハンドボール部に所属しキャプテンも務めて、全国大会ベスト8に入るなど当時から運動神経は抜群だったようで、ボートレーサー養成所の入学試験では、高校時代のハンドボール全国大会ベスト8の成績が評価されて1次試験が免除されるスポーツ推薦を獲得しました。

なお同養成所の卒業レースでは、全同生27人中2位を記録し女子の中ではトップの成績です。

 

そして迎えたデビュー戦は、2016年11月22日にから27日にかけて児島競艇場で開催された一般戦「第32回日本モーターボート選手会会長杯」の初日2レースです。

結果は6号艇6コースからの進入で5着でした。しかし同節4日目の2レースで初の舟券に絡む3着に入り、さらに最終日2レースで2着に入りどちらのレースも万舟に絡む結果を残しました。

同年はデビュー年ということもあり、とりあえずレース勘や経験を積む年として頑張っていたようです。

翌17年に入ってもフライングを経験するなどなかなか1着をとることがならないまま上半期を過ぎ、そしてようやく初勝利を手にします。

 

2017年7月2日から唐津競艇場で開催された一般戦の2日目6レースに5号艇6コースから進入し、大外から見事なまくり差しを決めてデビュー初勝利をあげました。

デビュー初勝利の選手を競艇水面に投げ入れて祝う水神祭も初体験し、土屋選手にとって記憶に残る日になったでしょう。

その後も同年は5コースや6コースからの進入を中心に、まくりやまくり差しを決めて1着をとるレースが計5回ありました。

1着を取りだしていくと、次に目指すのは優勝戦に乗ることです。

18年からは内枠1号艇から3号艇のスローで乗る機会も増えていき1着をとることは増えたものの、この年は優勝戦に乗ることはありませんでした。

そして翌19年にようやく初優出を成し遂げます。2019年4月28日から5月3日にびわこ競艇場で開催された「G3オールレディースビーナスちゃんカップ」に出場し、この節間は最終日まで計6回3着までの入着を果たし、準優勝戦では5号艇5コースの進入から2着を獲得。

優勝戦に駒を進めて6号艇に乗り6コースから進入で、結果は3着でした。

初優出で3着までに入り舟券に絡むことは立派だと思います。

また同年12月14日から児島競艇場で開催された一般戦「BTS井原開設6周年記念競走男女優W優勝戦」でも優出し、結果は5号艇5コースからの進入で4着でした。

優出という経験もできて着実に実力を上げていきそれにともない勝率も上がっていくと、20年前期はデビュー6期でB1級からA2級に昇級しました。

昇級した勢いのまま1月5日から大村競艇場で開催された一般戦「特別ヴィーナスシリーズ第2戦マンスリー杯」の優勝戦で2号艇2コースのからの進入で2着、また2月27日の児島競艇場「G3オールレディース第31回瀬戸の女王決定戦」優勝戦では、2号艇2コースの進入から2着と念願の初優勝まで後一歩のところまできています。

成績自体のリズムは悪くないため、今年中には初優勝がお目にかかれるかなと期待してます。直近成績では3月12日から17日にかけて蒲郡競艇場で開催された「G3オールレディース第10回夜の女王決定戦」に出場し、初日から着実に3着まで入って舟券に絡む活躍をしていき準優勝戦まで乗るも結果はここまででした。なおこの蒲郡競艇場のレースに出走したことで、全24場での出走を制覇です。

土屋選手のプライベートが知りたい

土屋南選手はレースがないピット外になると、どこにでもいるようなイマドキの可愛らしい女性です。

その証拠にインスタグラムをやっておりプライベートを過ごす様子をアップしています。

趣味の旅行などを同業仲間といった人らと今を楽しむことが好きみたいで楽しんでいるところをよく投稿しています。

またネイルや美容といったことが好きで、女子選手のなかでも詳しい選手の一人として知られています。インスタの投稿に興味のある方は、土屋南選手で検索してみてください。

普段見られない私服を見れたりできるギャップがあって良いです。またお姉さんがおり、お姉さんはダンサーをやっています。

見た目は結構ギャル(笑)で、たまにインスタグラムに一緒に登場したりしてます。こちらも興味がある方はぜひ。レースでもピット外でも、土屋南選手は人柄が良いので応援したくなりますし、今後のさらなる活躍に期待したいです。