競艇場は当たりやすい場所を選べ!競艇初心者におすすめの競艇場4選

競艇場の特徴

イン(1コース)が勝てる競艇場を見つけよう

競艇場は東北、北海道を除く各地域国内に現在全24場存在します。

それぞれ場によりコースや水面など特徴が様々ですから競艇場の特性を知っておくことで、舟券を当てられる確率が上がりますよ。

 

初心者でも狙いやすいのは1~6コースのうち一番インの1コースの勝利が高い競艇場です。

競艇はなぜインが強いのか

競艇は基本的にインの1コース(ほぼ1号艇)からの逃げで1着になる率が高いレースで、1コースは1番最内を走ることができます。

最初の第1ターンマークを最短距離で回りやすく、さらには2号艇以下は内を走る引き波や艇間などの影響からスムーズに走ることができにくいことから1コース1号艇が有利とされます。

これらをもとにイン1着勝率が高い場を見極めると初心者でも当てやすくなると思うことから、イン勝率が高い場から競艇を始めるといいでしょう。

大村競艇場(長崎県)

まず紹介する大村競艇場はまさにインが強いとして有名。

初心者には一番この場をおすすめしたいですね。なぜなら全競艇場のなかで最もイン勝率が高く、大村競艇場運営側もそのことをアピールしていることもあり、直近の本年上半期イン勝率をみても圧倒的にトップ。

その理由は幾つかあり、まずはインを重視した番組(出走表)の構成。

進入固定レースの1号艇にA1級選手他B級選手の番組など徹底してインが勝てるように番組構成がなされています。

このことから1コースの艇を1着軸にレース展開を考えやすい。また端から端までのコース幅が広くさらに第1ターンマーク付近も広くなっているため、インコースの選手が全速ターンしやすいことから逃げが決まりやすいのです。

また2マーク側には海が広がっており、海から吹く風向きが不安定なことから、イン以外の艇 特にダッシュ勢のスタートが決めにくいのもイン勝率を上げている要因となります。

他にも大風を防ぐ大きな防風ネットが設置されて、風速2m以下の風が増えていることも影響しているなど、とにかくインが勝てる要因が揃った競艇場です。

注意点を強いて挙げるなら、水面が荒れやすい難水面ということ。風が強くないレース日はさすがにないので、風が強ければどの競艇場も水面は荒れることは間違いありませんが、この大村は競風の場合水面は影響を受けやすく荒れやすくなっています。

しかし水面が荒れているかはレース前の情報でわかるため、競艇初心者の方はその日のレース予想を見送ってもいいでしょう。

大村競艇場はインを優遇の番組を組んでいることや風といったレースコンディションなどから、イン頭(1着)を軸に予想をしやすいため、初心者でも舟券を買いやすく当てやすい場といえます。

徳山競艇場(山口県)

大村の次にインが強く勝率が高いといわれる徳山競艇場。

こちらの場もA1級選手が1号艇、他がB級選手といった番組が組まれていることからイン艇を軸に予想しやすく当てやすいといわれています。

またスロースタートのインコースは追い風の方がモーターの回転に勢いがつくため追い風有利であるという理論から、この徳山は向い風を遮断する太華山が第1ターンマーク側にあり、年間を通じて左斜め後方の追い風が吹く傾向があるため1コースインからの逃げが決まりやすくなっています。

さらにいうと正面スタンドとは反対側のバックストレッチでの内側の艇が伸びやすい傾向があるため、1コース1号艇が第1ターンマークを無難にターンできればそのまま逃げで決まることが高くなる傾向にあります。

水面も穏やかな静水面であることも堅いレース展開向き。A1級選手1号艇の番組と追い風傾向を踏まえると徳山競艇場は初心者向きで予想しやすく当てやすいため、こちらもおすすめできます。

下関競艇場(山口県)

3つ目は下関競艇場。ここもインが強く、全国でも上位に入る1コース1着率を誇る競艇場です。

一番の理由として第1ターンマークとスタンド水面幅が狭いため、スタート後アウトコース艇と艇間が第1ターンマーク付近で詰まることから最内1コースの艇がターンしやすいことで1コースの逃げが決まりやすく、他の決まり手での決着は低くなりやすくなっています。

安心して1コース進入艇を本線として狙って考えることができますね。

 

また風向きも年間を通じて追い風が多く吹く傾向があり、風速1m~4mの追い風ならインで決まる率がさらにアップ。

しかし1コースに横からの吹く風もあり、横風の場合1コースの艇がもろに風を受けやすくなります。そうなるとスタートタイミングが難しくなるため、そのレース日によって見極めも重要です。

この場も荒れにくい水面の穏やかな静水面であることも予想には好都合。また1号艇にA級選手を組む番組もあるため、これらの要因からイン勝率が高くなり当てやすいさがあることから下関競艇場を挙げました。

芦屋競艇場(福岡県)

最後は芦屋競艇場。

1コースの勝率がこちらも比較的高く、その理由は他の競艇場同様に1号艇A級選手他B級選手で組んでいたり、進入固定レースで1号艇にA級選手を組んでいたり企画番組の影響が大きいです。

特に芦屋競艇場はこれらの1コース優遇した番組が一日全12レース中7レースと半分以上組まれることも多いです。

そうなるとイン勝率がおのずと高くなります。初心者でも当てやすいよう番組構成が考えられている優しさ満開の競艇場です。

ただ芦屋は難水面のため、レース日によって水面コンディションには注意が必要であることは気にかけましょう。

初心者が勝ちやすいレース選びは

以上の競艇場で共通していえることは、1コースにA1級選手の配置などインが勝てるように優遇して番組を組んでいることです。

これにより紹介した場のイン勝率が高くなるは必然であり、初心者でもなるべく当てられるよう各競艇場の運営側は考えて構成しています。

初心者だと当たらないとすぐに賭けを止めてしまうことも考慮して、当てやすく予想しやすいレースをなるべく多く組んでいるんですね。

さっそく自身の手で確かめて相性の良く当てやすい競艇場を見つけましょう。