競艇場の営業時間について。いつ行ったらいいの?おすすめの時間帯は?

競艇の楽しみ方

ボートレースでは、開催場によって営業時間が異なります。最近では大きなレースがナイターレースで行われることも増えてきており、より多彩なレースが楽しめるようになってきています。
ここでは、競艇場の営業時間とおすすめの時間帯について紹介します。

競艇場の営業時間

ボートレースは、デイレース、モーニングレース、ナイターレースの3つの時間帯で行われています。それぞれのレースによって営業時間が異なります。また、営業時間は競艇場や開催レースによって微妙に異なるので、行く前にはホームページなどでチェックすることが必要です。

3つの営業時間

もっとも一般的なのはデイレースで、ほとんどの競艇場で開催されています。デイレースは10時頃に開門し17時頃まで行われます。出かける上でも、もっとも気軽に出かけやすい時間帯です。

鳴門競艇場、徳山競艇場、芦屋競艇場、唐津競艇場の4つの競艇場で開催されているのが、モーニングレースです。8時半頃から15時30分頃にかけて行われます。

桐生競艇場、蒲郡競艇場、住之江競艇場、丸亀競艇場、下関競艇場、若松競艇場、大村競艇場の7つの競艇場で開催されているのが、ナイターレースです。仕事帰りに立ち寄れるのが大きな魅力です。ナイターを不得意とする選手もいるため、予想するには知識が必要となります。

競艇場ごとの営業時間

競艇場ごとのおおよその営業時間です(※2019年12月〜2020年1月のレースを参考)。締切時間はレースによって異なります。SGなどの大きなレースが行われるときは、開門時間が変更になることがあります。

○桐生競艇場
開門時間:14時00分、最終レース締切時間:20時45分
○戸田競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時05分
○江戸川競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時00分
○平和島競艇場
開門時間:10時00分(薄暮開催時は11時00分)、最終レース締切時間:16時15分
○多摩川競艇場
開門時間:10時15分、最終レース締切時間:16時40分
○浜名湖競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時16分
○蒲郡競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:20時44分
○常滑競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時05分
○津競艇場
開門時間:9時30分、最終レース締切時間:16時14分
○三国競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:15時55分
○びわこ競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時10分
○住之江競艇場
開門時間: 14時30分(デイ開催:10:00)、最終レース締切時間:20時39分
○尼崎競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:16時22分
○鳴門競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:14時47分
○丸亀競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:20時42分
○児島競艇場
開門時間:9時45分、最終レース締切時間:16時14分
○宮島競艇場
開門時間:9時40分、最終レース締切時間:15時34分
○徳山競艇場
開門時間:8時15分、最終レース締切時間:14時48分
○下関競艇場
開門時間:14時00分、最終レース締切時間:20時34分
○若松競艇場
開門時間:10時00分(14時00分)、最終レース締切時間:20時29分
○芦屋競艇場
開門時間:8時15分、最終レース締切時間:14時45分
○福岡競艇場
開門時間:9時50分、最終レース締切時間:16時19分
○唐津競艇場
開門時間:8時15分、最終レース締切時間:14時44分
○大村競艇場
開門時間:10時00分、最終レース締切時間:20時33分

おすすめの時間帯

開催によって営業時間が異なる競艇ですが、どの時間がおすすめなのでしょうか。どのような楽しみ方をするかによって異なってきます。ここでは、おすすめの時間帯を目的別に紹介します。

盛り上がりを楽しみたいなら

トップレーサーが顔を揃えての優勝戦や準優勝戦が行われるのが、9レースから12レースです。デイレースなら14時30分以降ナイターレースなら19時以降の時間帯となります。
会場の雰囲気も自然と盛り上がる、トップレーサー同士のレースを見たいのならばぜひともこの時間帯です。

人の少ない時間を狙うなら

人の少ない中でゆっくりとレースを見たいという人には、朝早い時間帯がおすすめです。デイレースなら10時頃から昼頃まで、モーニングレースなら8時30分頃からの時間帯です。特に平日の朝の早いうちは人も少なく、ゆっくりレースを見たいという人にはぴったりです。ただし、荒れやすいため予想しにくい時間帯であるともいわれています。

競艇の賑わいを楽しむのなら

お昼が過ぎて人が増え始めるのが、5レースから8レースです。デイレースの時間帯でいうとお昼から15時頃です。この時間帯には人気レーサーが登場しはじめます。また、女子戦や固定進入といった企画レースが組まれることが多い時間帯でもあります。人が増え始めることもあり、賑わいを楽しむことができます。

まとめ

競艇場やレースごとに異なる競艇場の営業時間。デイレース、モーニングレース、ナイターレースと、時間帯によってそれぞれ違った魅力を見せてくれます。
仕事帰りのナイターレース、休日の朝活代わりの午前中のレースといったように、自分の生活に合った時間帯や楽しみ方に合った時間帯を見つけてみてはどうでしょうか。