1号艇軸の予想は1コースターンの仕方で買い目が変わる!

競艇の勝ち方

ほとんどの競艇ファンが1号艇を予想の軸としている

1号艇有利

全国どの競艇場でも各コースの中で1着率が圧倒的に高いコース、それが1号艇。

引き波の影響力が高いこの競技の性質上、先に旋回できる1コースは当然最も有利にレースが進められるポジションなのです。

 

当然、多くの人が1号艇を予想の軸としているのはオッズからも見て取られ、逃げられない予想の場合も1号艇の2,3着は他艇よりもオッズが安い事が多いです。

 

基本的に逃げた場合は配当が安い、逃げられなかった場合は高配当が見込めるも的中率が低くなる…

今回はそんな1号艇との舟券での私なりの付き合い方を述べてみたいと思います。

 

1コース時のターンにも選手の特徴がでる

大まかな特徴で言うと2種類の旋回タイプの選手がいます。

大回りする選手小回りする選手です。

 

この特徴を覚えると舟券にも活きてきて、

「大回りする選手→差されやすい」
「小回りする選手→まくられやすい」

 

1コースが逃げられなかった場合のレース結果の統計にも顕著に特徴が現れ

「1コースが差された場合→2-1、3-1等、2着に残る確率が高い」
「1コースがまくられた場合→3-4、 4-5等、2着から消えている確率が高い」

レース前のオッズ画面を見ていると、差されやすいタイプの選手なのにまくられた場合に予想できる出目が売れている。

まくられやすい選手なのに、2着付けの出目が売れている。

こんな状況も良く目にします。

 

これはレースの展開を予想出来ていない人が多いと思われ、オッズが歪んでいると考える事もできます。

スタートや接触等の運要素の強い競技ですが、決まる確率が高く、配当の高い出目を買う、つまりオッズが歪んでいる所を購入するというのが競艇で回収率を上げるポイントなのですからそこに付け入るスキがあるのです。

差されやすい選手

競艇の差しとは

 

これは舟券的にも重宝する選手が多いです。2着には残り易いため買い目の点数を絞れるというメリットがあります。

差されやすい選手の特徴

  • まくりを警戒する選手
  • 1マークを大回りするタイプ
  • ターンスピードの遅い選手

が差されやすい選手の特徴ですね。

意外な事にA1級の選手でもインコースの勝率の低い選手がいたりするので穴党の方は積極的に狙っていきたい所です。

差され率、まくられ率

最近では出走前にJLCが統計を取った差され率、まくられ率を表示する映像が放送されたりするので数年前より旨味が減ってきたのは残念な所ではあります。

個人的に常に2着固定で狙っているA1選手としては寺田祥選手、日高逸子選手、村岡賢人選手、等は積極的に差され予想で狙うようにしています。

SG優勝経験もある寺田選手や、グレートマザーとも呼ばれ女子レーサーの中で常にトップクラスを維持している日高選手なんかも意外ですが1コースの1着率が低かったりするのです。

A1レーサー+1コースと如何にも勝ちそうに思われますが、逃げられなかった時の配当も考えると、狙う価値はあると思っています。

ニュージェネレーションターン

30歳前後の選手で記念レース常連の選手達をニュージェネレーション世代なんて呼ばれてますね。

桐生順平選手や茅原悠紀選手なんかが代表でしょうか。

松井繁選手がテレビで、今の30代の選手くらいからターンの内容がまったく違う物になったと言っていました。

彼らの特徴で良く言われるのが「握って回る」なんて表現をされる事が多いです。アクセルレバーを全開で握って全速ターンをする選手が多いのです。

面白い見方をすると、「スピードをつけて旋回する=大回りをしている」との見方をする事もできます。

狙い目としては2コースの選手の差しですかね。

ただし大回りをするとは言ってもニュージェネレーションなんて呼ばれている選手は、ターンスピードが別格な一流選手が多いです。前検で展示タイムがでていなかった時等、モーターに苦戦していると見られる時等の条件付きの時なんか狙ってみると面白いかもしれません。

ちなみに1マークを大回りするという事は「2コースの選手が広く回れる」という事にもなり1-2の確率が上がるとの見方もできますね。

インの強い場の代表、大村競艇場は1マークが広く、インが弱いとされる戸田競艇場は1マークが狭いです。

広く回れるいう事は2コースの選手には有利なのですから。

まくられやすい選手

競艇のまくりとは

 

この手のタイプの選手はスタートの遅い選手、または先程説明したニュージェネレーション世代の選手とは対照的な小回りする選手ですね。

 

50歳を超えているベテランレーサーなんかは小回りするタイプの選手が多く、年齢を追うごとにスタートタイミングも遅くなったりするので注目してみると良いかもしれません。

 

まくられ予想の買い目としては、2着にくる選手はランダムになってしまう事が多いです。基本的にはひとつ外枠の選手がそのまま付いて回り2着のパターンが多いですが運要素が多い結果になってしまい、配当的にも高い場合が多いので総流しするのが良いかと思います。

展開予想と買い目

舟券の買い目とは点数を増やすと的中率は上がりますが当たった場合の回収率は下がってしまうものです。

1号艇の選手が逃げられないとイメージした場合、今回述べたように「差されるのか」「まくられるのか」を考えた場合、点数を絞って威力を上げるのか、手広く抑え取りこぼしを防ぐのか。

1号艇の選手の特徴を覚える事によってベストな買い方を選択する事も回収率を上げるためのポイントと思いますよ。