競艇のボックス買いってどんな買い方? 当たる確率は高いの?

競艇のボックス買い舟券の種類

ボックス買いって、本当に当たる確率が高いの?

競艇を始めたけれど、「全然当たらないのでボックス買いに変えてみようかな?」と言う初心者が案外いるようです。確かに順位に関係なく3〜4艇を選んで三連単を買えば、あれこれ迷ってランダムに買うよりも簡単で的中率は上がるかもしれません。ただ、3艇ボックスならば6点ですが、4艇ボックスになるといきなり24通りにもなってしまうため、当たったとしても相当無駄になる舟券が出ます。

しかも、当たったとしても本命サイドの決着ならば確実にマイナス収支となり、的中率は上がっても回収率は上がりません。どうしても当てたいならば話は別ですが、よほどの混戦レースで、順位が読めないという場合でもない限り効果的な方法とは言えないのがボックス買いです。

ボックス買いの買い方

そこで、まずはボックス買いの方法から説明します。ボックスで買う時は専用のマークカードを使います。「流し・ボックス」か「フォーメーション・ボックス」のマークカードです。6艇の中から3着までに来そうな艇を選んでその数字を塗ります。そして、1点当たりの購入金額を塗ればOKです(100円ならば1と百、200円ならば2と百を塗ります)。勿論、レース場名やレース番号、舟券の種類(三連単など)を塗るのはほかの券種と同様です。

連勝用のマークカードを使うと3艇ボックスならば6通りの組み合わせ全ての数字を塗らなければなりませんが、ボックス用のカードを使えば3艇の数字を塗ればいいので簡単に出来ます。投票が簡単で、しかも予想も楽、的中率が高くて、大穴を当てる可能性もあるので、とても効率のいい舟券の買い方のように思えますが、いいことばかりではありません。

ボックス買いのメリット、デメリット

確かに4艇ボックスで買えば的中する確率は高くなりますが、24通りも買うのですから、相当無駄な組み合わせが多くなり、例え的中しても「トリガミ」になる確率が高くなります。そうは言っても3艇ボックスでは選んだ3艇が確実に3着以内の入らなければ当たりになりません。

そこで、もっとも効率的と思われるのが1、2着をボックスにして3着を総流しにする方法です。分かりやすく言うと1、2着を固定にし、3着に全部を選んだフォーメーションです。これならば、2艇の一騎打ちのようなレースに3着に残りの艇すべてを組み合わせた形なので、8点買いですが取りこぼしがない買い方です。

ボックスは本当に的中し易いの?

ところで、4艇ボックスは回収率は良くないけれど、的中させやすい買い方と言うお話をしましたが、本当はどうなのか実際に検証したデータがあります。競艇はインコースがアウトコースよりも断然有利な競技なので、1日に実施された全レース1,2,3,4番をボックス買いし、果たして儲かるかどうか実証してみたところ、思ったほど的中率は良くないことが分かりました。

1日に全国で約200レースが実施されますが、この4艇ボックスで購入した結果は、おおよそ4割の勝率でした。払い戻し金額はレースによって変わって来るので、回収率は毎日同じではありませんが、トリガミもかなり多くなり、5番と6番を買っていないので、高配当はそれほどなく、検証ではプラス収支にはなりませんでした。

実際に1点100円で買って、全レースに2400円使い、約50万円投資した結果、戻ってきたお金は30万円くらいになってしまいました。この結果から競艇で勝つにはボックス買いは決して効果的な手法ではないと言えます。でも、本当にそうなのでしょうか? 24通り買って儲ける方法は無いのでしょうか?

ボックス買いで儲ける方法

検証してみた1、2、3、4の買い方が良くないのではないでしょうか? 競艇では1号艇にA1選手を入れてイン逃げが決まりやすいレースを作ることが良くありますが、4艇ボックスで高配当が狙えるレースは無いのでしょうか? その様なレースを見つければ、ボックス買いでも回収率が上がり、儲けることが出来る筈です。

そこで狙いたいのが、1番の逃げが決まらないレースを選び、1番を外したボックス買いです。難水面と言われている競艇場で、しかも1コースが不利と言われるところを狙います。特に1号艇がA1選手ならば不利と分かっていてもかなりの人気を背負うはずです。更に5m以上の強風が吹いていればレースが荒れそうな匂いがします。軸になる艇が見つからず迷っているようなケースで、もし3、4コースからの捲りが決まれば、3、4、5、6の舟券ならば相当な高配当が期待できます。特にこのようなレースだと着順は捲って勝った3号艇、4号艇以外全く読めませんからボックス買いが有効になります。

このようにボックス買いが狙えるレース以外はボックスで買わない様にすれば、ボックスの利点が生かせます。どのようなレースでも安易にボックス買いせずにボックス買いを止める決断が重要です。1号艇の軸が硬いようなレースではボックスにせず、フォーメーションの方が確実に当てやすい買い方です。