競艇の大穴予想のコツは根拠のあるレース選び。覚えれば3連単の的中率大幅アップ!

大穴狙い
船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

3年ほど前、友人に連れられて入った競艇場でボートレースの虜になりました。

競艇場に入り浸り、初めはたくさん負けながらどうやったら勝てるのか?

徐々に覚えてきました。

 

勝ちたい!その一心でいろんな選手の特徴、コースの特徴を覚え、いろんなレースを見て知識を蓄えていくと次第に大きく勝つ事が増えていきます。逆にオッズだけ見てただ大穴が当たらないかと適当に賭けても的中率は上がりません。

今回は、大穴狙いを根拠を持って選んで3連単を的中させた実践経験をご紹介します。

 

選手配置からレース展開を予想する

先ず還元率75%と胴元に25%ひかれるオッズの仕組みですから、オッズを見ながら人気通りの舟券に手を出したり、たまに大穴狙いでオッズが高い組み立てで舟券を買うなんてことをしていても、結果がついてくるレースはほとんど無いという事を理解しましょう。

コースごとの選手の配置から展開が予想でき、自分の中で根拠を持った買い目があること → そこから更にオッズを照らし合わせて手を出して良いかジャッジしてようやく舟券を購入。

その行程を無視して舟券を買い続けていてはトータルでは絶対に勝てません!

 

買い目パターン

そこで私が手を出すレース番組のパターンのひとつを紹介したいと思います。

今回は高配当穴狙いの「5-1-2」の舟券狙いを書いてみます。

どういうレースか簡単に説明すると1,4コースの選手が強いレースです。

これでは大雑把すぎるので各コースごとにどういう選手が良いか説明していきます。

1号艇は鉄板選手

先ずは1号挺の選手「A1級は絶対でスタートも早く多くの人から逃げそう!と思われている選手。」

高配当の5-1狙いにおいて1頭のオッズが集中しているのは絶対条件、後程述べる4コースの選手に簡単にまくられるような選手では買い目も絞れず話しになりません。

2号艇は差しが得意な選手

そして次が2号艇の選手。

ここは簡単に差しが上手い選手。

3号艇は平均スタートが遅い選手

そして3号艇の選手。

今回のような番組を選ぶにあたり4コースの次に重要な選手ですが選定は簡単→平均スタートが遅い選手(1=3等でオッズを集めてくれるため得点率が高くてスタートが遅い選手ならば尚良し)

4号艇はスタートが早く・・

そして1番重要な4コース。

スタートが速くスリットが抜ければグイグイ絞ってまくりにいくような選手!

代表的なタイプだと菊池孝平選手のようなタイプの選手がわかり易いかと思います。

4コースから勢いつけて絞ってこられると1コースの選手が逃げるためには4コースの選手をはじき飛ばすように張ってターンしなければならず内側のターンマーク寄りにスペースが空き今回主役の5コースの進路に道ができるという予想の根拠が出来上がります。

 

ちなみにスタート早く記念常連レーサーでスリット抜けても差しハンドルで着取りにいくタイプの選手も多くその手のタイプの選手だと今回のような買い目は決まらない事がほとんどなので注意です。

 

まくりに行く選手の特徴としてはインタビューでモーターを出足型ではなく伸び使用で調整していると答える選手が多いですね。

5号艇はそれなり

そして主役の5コースの選手。

これはそれなりの選手で大丈夫です(笑)

この予想パターンの肝は1,4コースの喧嘩から生まれる道をごっつぁんです!と通るだけなので1マーク突き抜ければ道中抜かれないだけで良いので。

むしろSGで毎回のように優出しているような選手だと決まる確率は高いですがオッズが安いのですから。

6号艇は2号艇選手と比較して

最後に6コース。

今回のようなパターンだと三連単の3着に残り易いのが差しハンドルで4号挺の引き波の影響を受けにくい2号挺か5コースの後をついて回る6号挺の選手が目立つというのが自分のイメージですね。

2号挺、6号挺の選手と照らし合わせ上手いイメージの選手の方に三連単の買い目を5-1-2に振り分けるか5-1-6にするかを自分は決めています。

狙う競艇場は

レース場はインコースが強くオッズも1号挺から集中するような大村、住之江、徳山のような場所が決まった時の破壊力も高くオススメです。

江戸川や戸田なんかだとイレギュラーも多く予想できないような決まり手多く注意が必要です。

 

大穴予想パターン実例

それでは最後に今まででこの予想が完璧にはまった改心のレースを紹介するのでこの文章を読んでくれた方の今後のレース選びの参考になってくれれば嬉しく思います。

昨年9月に行われた徳山の準優勝戦でいままで買いた全ての条件に合致し直感が反応したレースがありました。

1号挺 A1原田幸哉
2号挺 A1岩崎正哉
3号挺 A1渡邉信太郎
4号挺 A1大上卓人
5号挺 A2中村辰也
6号挺 B1片岡秀樹

このメンバーの平均スタートを1号挺から書くと…

123456
0.130.180.200.130.140.19

どうです?いままで書いた条件に重なりますよね?

1号艇、4号艇はスタートが早く、3号艇はスタートが遅い。

 

以前4号挺の大上選手がヤングダービーで4コースから無理矢理まくりきったレースを覚えていたので、この攻めをSGレーサーの原田選手が受けたら…とイメージすると迷わず勝負レースに認定し舟券購入することに!

その時の買い目は2連単5-1 1000円 1-5 1000円 3連単5-1-2 1000の計三点3000円で勝負。

勝負レースなのに少ないのは他レースで財布が絞られていまして(笑)

 

そして結果はというと…

予想(願望)通り3号挺の渡邉選手が遅れ0、7のスタートを決め内側に絞りこんでいく大上選手…

そしてまくらせまいと張り気味に大上選手を飛ばしにいく原田選手…

 

これは…

そう…狙い通り5号挺の中村選手に道ができ黄色のボートが突き抜けたのです。

祈るような気持ちで最終ターンを見守り黄色、白、黒の順でゴールラインを切るボート。

歓喜の瞬間でした。

その時の配当はというと

2連単 5-1 8730円

3連単5-1-2 46400

3000円が50万に変わる瞬間でした。

 

ボートレースを覚えた3年前、1号挺から本命舟券を購入し何度も菊池選手が4コースからトップスタートで絞り今回のような穴決着に泣かされて同じタイプのレースは狙うようにしていました。

それが初めて報われたのがこのレースです。

 

闇雲にオッズが良いから…なんて理由で穴ばかり買い続けるのではなくピンときて展開が予想できるレースのみを買う

もちろん穴レースなんて度々当たる訳もなく、遅れ予想の3コース選手がスタート決めド外れなんてレースもしばしば。

ですが少しでも穴がくる可能性の高いレースを選べば回収率が上がります。

 

以降もこのようなレースで5-1舟券を的中できており先ず番組を見て探すのがこのタイプのレースです。

もしこれを読んでくれて穴狙いで結果がついてこないという人は今回買いたようなレースを選んでそういうレースのみ買う 。なんて事を試してみたらどうでしょうか?