競艇の低配当化にインからの舟券はどう購入すべきか

ネットで競艇楽しむなら船の時代
  • 1万円分のポイントがもらえる!
  • 無料買い目が美味しすぎ
  • 安定して高い回収率をキープ

船の時代を無料で試してみる

メアドだけでかんたん10秒登録

インの低配当の買うべき舟券は?

低配当とは、そのレースの結果が予想しやすいことにより舟券人気が集中しオッズが低くなることです。

このような低配当の傾向になるのは、ある程度出走表から読み取ることができるため、その舟券をどう購入すればいいかを紹介したいと思います。

 

各競艇場の出走表を見て1号艇にA1級選手、2号艇にA1級選手またはA2級選手、3号艇や4号艇にA2級選手、以下5号艇と6号艇にB級選手を配置するようなレースがある場合、インを中心とした低配当が狙いやすいと思われます。

その理由としては、競艇はインが有利である競技なので1号艇にA1選手が配置されていることはよほどのスタートミスやアクシデントがない限り1着を取りこぼすことがないため、1号艇に乗るA1級選手の1着を頭にしやすく逃げで勝つ可能性が高いです。

そして2着も上記のインが有利の理論から2号艇か3号艇に乗るA級選手が入着してくるだろうなと考えやすいことから、予想できる結果が集中することで低配当の的中が期待できます。

上記の例での出走表の2着までの出目予想は、1-2-流しが堅いかと思います。

 

1号艇の選手にとっては2号艇の選手もA級で経験値がありスタートも揃えてくる可能性があり、そうなると2号艇が壁になり3号艇以下は捲りや捲り差しが入りにくくなる展開が予想できるためです。

 

なのでスタートをしっかり決めて第1ターンマークをちゃんと旋回できれば逃げきることができ、2着で2号艇も続く流れになるかと読めます。

抑えで保険をかけておきたいおなら3号艇を2着に加えて、1-3-24としておくのも賢い買い方かと思います。

 

インに実績や経験が高く実力があるA級選手が揃っていれば、低配当での決着になりやすいと考えるのがベターだと読み取れます。

企画レースの出やすい目は?

各競艇場で実施されている企画レース。

この企画レースは、出走表を考える主催者が的中しやすい出走表を組んでいるためインからの低配当が狙いやすく、舟券は購入しやすいです。

上記のような1号艇2号艇にA級選手を配置する出走表が、企画レースでは組まれることが多いです。

なのでインから中心に予想が組み立てやすく、低配当のオッズが偏りやすいです。

企画レースでの低配当でよく見かける出目としては、1-2-3や1-3-2、1-2-4、1-4-2などが出やすいです。

特に1-2-3は一番出やすい出目で、これが出るパターンとして予想できる出走表はイン艇全てにA級選手、アウト艇にB級選手の配置がされているとき、この出目が起こりやすいと思えます。

 

また1-2-4や1-4-2などの出目は、1号艇と2号艇そして4号艇にA級選手が配置されている場合に起こりやすく、こういった出走表も低配当としてインから買い目を絞りやすいです。

このようにインから低配当の結果になりやすいよう企画レースは考えられているため、わかりやすく予想して低配当を狙いたい方は企画レースで舟券を購入するといいかもしれません。

SGやG1は買わないほうがいい?

企画レースを抑えましたが、企画レースは競走格付けによって実施される場合とされない場合があるため、確認しておく必要があります。

それによりインからの低配当が予想できるできないが変わってくることがあるので、格付けも見極めて舟券を購入すべきです。

 

具体的にどういうことかというと、競艇のレースには格付けがあり最上位にSG(スペシャルグレード)といわれる出場する選手がA1級選手で揃うグレードがあります。

当然、出走表も全員A1級選手で揃い実力が拮抗していることから、全レース展開を見極めることが難しいです。

1号艇(イン)が有利といっても何が起きるかわからない確率が高く、そのため1番人気で低配当オッズになっていても当たりにくく、低配当の結果にはなりにくい傾向があります。

 

なのでSGや次に格付けが高いG1よりも、格付けが一番下である一般戦に絞る方が良いか思います。

 

先に述べたように出場選手がA1級選手やA2級選手、他にB級選手などが混在しているため、出走表によってはインからの低配当である堅いレースの展開を読み解くことができます。

またA級選手が3名出走し他B級選手のレースの場合、実力差からB級選手を3着までに入れず切るといった選択をすることもできるため、こういったこともあり一般戦ではインを狙っての低配当が起こりやすい傾向があると考えられます。

一般戦から各出走表を見極めて、イン信頼ができそうなレースがあれば舟券を購入するのも手だと思います。

まとめ

インからの舟券購入を攻略するには、まず出走表を見てインにA級選手が配置されてB級選手が混在しているか確認すること、また企画レースであるかどうかということをチェックしておくことが大事です。

格付け(グレード)も一般戦で狙うほうがより良いと思います。

これらを見極めていくことで、低配当のインからの舟券を的中させていくことができ的中率を上げていくことができるはずです。舟券を購入する際に参考にしてみてください。

競艇に必勝法は回収率に注目

パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。

競艇にしても同じことが言えます。

 

回収率100%を超える買い方

以下の回収率をご覧ください。

  1.  一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率75%
  2.  1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率85・1%
  3.  1-2-3のボックス舟券を買い続けると回収率69・3%

どれも回収率100%以上にはなりません。

回収率100%を超えるには

方法は2つ。

鉄板レースの3連単

1つ目は1-2-3が確実に来そうな鉄板レースの3連単を買うこと。1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。

 

インコースが凹むレースの3連単

もう一つは万舟券のレースを見極める方法。

それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。インコース勢が凹むパターンとしては4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。

 

先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。

 

まるかめ 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5R

4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。

 

万舟券

結果、3号艇服部選手が犠牲になります。2号艇もバランスを崩して外に。5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。

 

4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。

 

競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ

実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。

 

こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。

予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。

 

大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。

 

以下は私が競艇予想サイト 船の時代 で購入した買い目(見事的中!)です。

 

徳山競艇 12月17日 (初日)10R

 

 

 

競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

 

V-MAX

  • メールのデータ量と情熱がすごい!
  • 大穴ゲットの姿勢が好き
  • 無料買い目が結構当たる

船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇ライフ

3人のプロ競艇予想士が在籍
無料情報を見るだけでも有益
穴狙い、安定重視など好みで選べる

競艇の勝ち方
パイレーツの財宝
パイレーツボート