競艇の不良航法の例。妨害失格の基準は?

転覆は殆んどの場合自己責任

競艇はレース中にコーナーを6回ターンしますから、その際のポジション取りはとても重要になります。ですから、ポジション争いでボート同士が接触することは度々起こります。多少強引でも自分の艇を相手の艇の内側に入れれば有利になり、結果として外側の艇は外側に飛ばされ、最悪の場合はバランスを失って転覆することもあります。

しかし、ルール上航法が適切であるならば、転覆はほとんど自己責任になります。しかも、転覆した理由の如何に関わらず、自分のボートが転覆したことで後ろのボートを巻き込んで一緒に転覆させた場合は「妨害失格」になってしまうのです。

不良航法の代表がダンプ

不良航法として失格になる代表的な行為がダンプと呼ばれる航走です。ただし、このダンプは『先行艇との間に、相当の艇間距離(3~4挺身)があるにも関わらず、艇首(バウ)をあまり返さず突っ込んで相手を飛ばし、自分はその反動で前に出る航走のこと』とルール上認められた航走の一つです。勿論、偶然に起こってしまったアクシデントではなく、故意に相手ボートにぶつけて、その反動で前へ出る行為ですから、見ているファンは「悪質な行為だ」「失格にした方がいい!」と思うかもしれませんが、お咎めなしのケースもあります。

妨害失格は追い抜く際のルールによって決まる

ただ、最近は4挺身差がある前を走る艇の内側に入り軽いダンプをしただけでも妨害失格になる厳しい判定もあれば、2挺身差の接触でも相手がバランスを崩して転覆しそうになっても妨害にならないケースもあります。これはダンプの定義のほかに前の艇を追い抜く際のルールがあるからです。

そのルールを定めた条文は『モーターボートは、スタート後ゴールインするまでの間、他のモーターボートを追抜く場合は、そのモーターボートを左方向に見て追抜かなければならない。ただし、他のモーターボートの妨害により、左方向に見て追抜くことができなかった場合その他やむを得ない場合、又は安全な間隔がある場合は、この限りでない』とあります。

審判の判定で失格は決まる

本来は前の艇を内側から抜いてはいけないルールになっているのですが、他の艇に妨害されて外から抜けなかったり、内側に十分な間隔があって安全な場合は違反ではないというルールです。ただし、同じような行為であっても判定をする審判によって判定が変わってくるのがレース競技の宿命です。フライングのようにはっきり判定出来るものもあれば、走行中のアクシデントはレースを止めることが出来ませんからレースの流れの中で妨害失格か、続行か判断しなければなりません。だから、微妙な時は見逃されることもあります。

ダンプ自体は違反行為ではない

よくネットを見ているとYouTubeなどで「意図的に船体をぶつけているので、反則行為ではないでしょうか?」と言う書き込みがありますが、ダンプは故意に自分の艇を相手の艇にぶつけて跳ね飛ばし前に出る航法で、充分安全な間隔があればOKとルールで認められている以上、内側からぶつけても違反にはなりません。競艇は水上の格闘技ですから多少ラフなプレイであっても、「やられたらやり返す。倍返しだ」と言うくらいエキサイトしたプレイを望んでいるファンもいるのです。

失格は返還対象にならない

そうは言っても、競艇ではレースが始まってから起こる不良航法や妨害失格による事故は返還の対象にならないのがルールになっていますから、幾ら被害を受けて転覆してしまった艇の舟券を買っていても返還にはなりません。

不良航法でも妨害失格にならないケースも

そこで、これは本当に「不良航法?」と言う例を挙げてみましょう。ファンから見ると絶妙なプレイに見えても、不良航法と判定されてしまった例があります。妨害失格にはならなかったので、レースはそのまま決定しましたが、選手は事故点を取られてしまいました。

詳しく説明すると、後ろから抜きを仕掛けた選手がハンドルを右に切った時、前の選手が気付いて阻止するために右にハンドルを切りました。これはよくあるシーンです。しかし、これはフェイントで、後ろの選手が素早く左にハンドルを切り内に入り込みます。丁度、1マークをターンする瞬間なので1マークと前を走る艇には間隔がなく、後ろを走る艇は前の艇に左舷をぶつけて軽いダンプをして内側に入り込み、前の艇を抜いて前に出ました。

安全な間隔ない時に内側からダンプで抜くと不良航法

当然ですが凄く高度なテクニックで拍手喝采なのですが、安全な間隔がないのに内側から抜いたということで不良航法の判定を受けました。これは山崎智也選手の行為なのですが、このように失格にはならなくても反則と言うことで事故点を加算されることがあります。

これをファンがどう捉えるかと言う問題ですが、判定する審判も悩むところではないかと思います。ここで、もし前の艇が転覆していれば妨害失格になっていたかもしれません。

このようなレース中の事故は良く起こります。妨害された選手にファンは納得がいかないかもしれませんが、レース中の行為は審判の判定に従うしかないのです。