競艇の払い戻しの計算方法と過去最高額。実は上限金額がある!?

競艇払い戻しの上限金額舟券の種類

競艇をする上で、最も気になるのが払戻金です。少しでも高い配当となるよう、オッズとあれこれにらめっこをすることも多いものです。
ところで、この払戻金がどのように計算されているか知っていますか?
ここでは、払戻金の計算方法や、過去最高額について紹介します。

払戻金とは

払戻金とは、勝舟投票券の的中者に対して売上金を按分して支払われる配当金のことです。わかりやすくいうと、舟券が的中したときにもらえるお金のことです。100円の購入に対していくら払い戻されるのかで表示されます。
この払戻金はどのようにして計算されるのでしょうか。

払戻金の計算方法

自分の舟券が的中した場合、いくら払い戻されることになるのかはオッズを見ればわかります。
計算式は、「投票金額×オッズ=払戻金」です。
例えばオッズが1.5倍で200円分の舟券を購入していたのならば、払戻金は200×1.5=300円となります。

オッズは常に変動しており、投票が締め切られるまでは定まりません。そのため、購入した時と実際に払い戻される時では金額が変わっていることがあります。特に締切直前は多くの人が購入するため、変わりやすくなっています。
出走表に書かれている発売締切時間になると舟券の発売が締め切られ、その時点で発売票数が集計されます。

オッズの計算方法

では、オッズはどのようにして計算されているのでしょうか。

払戻金に充てられる金額は、舟券の売上金の75%から80%と決められています。ほとんどの競艇場では、75%で設定されています。
それ以外の25%は、日本財団への交付金が2.8%、日本モーターボート競走会への交付金が1.3%、地方公共団体金融機構への納付金が0.2%で、その他のほとんどは開催経費などに充てられます。

オッズの計算は正確な計算式では、
「(総売上—的中舟券の投票金額)×0.9×0.82=基準値」
「(基準値+的中舟券の投票金額)÷的中舟券の投票金額=オッズ」
で算出されます。

〔総売上:10,000円、1号艇の単勝売上3,000円、2号艇の単勝売上5,000円の場合〕
1号艇の単勝オッズ:(10,000円—3,000円)×0.9×0.82=5,166円
(5,166円+3,000円)÷3,000円=2.7倍
2号艇の単勝オッズ:(10,000円—5,000円)×0.9×0.82=3,960円
(3,960円+5,000円)÷5,000円=1.7倍
人気のある2号艇のオッズが低くなり、払戻金が少なくなっています。

上記は少々複雑な計算なので、簡単な計算式も紹介します。
「払戻金(総売上の75%)÷的中舟券の投票金額=おおよそのオッズ」
おおよその値ならばこの計算式で出せます。

〔総売上:10,000万円、1号艇の単勝売上3,000円、2号艇の単勝売上5,000円の場合〕
1号艇の単勝オッズ:7,500円÷3,000円=2.5倍
2号艇の単勝オッズ:7,500円÷5,000円=1.5倍
多少の誤差はあるものの、おおよその値は把握できます。

高額払戻金

競艇の払戻金の平均額は、競艇場によって差はあるものの2連複で1,000円前後、3連単で7,000円前後となっています。艇数が6艇と少ないため、それほど高額なものではありません。
しかし、レースなので何が起こるかわかりません。時として高額払戻金が出ることもあるのです。

過去最高額は?

払戻金の過去最高額は、2011年5月22日に徳山競艇場で払い戻された682,760円です。
第2レースの3連単の払戻金です。このレースでは5コースの6号艇と6コースの3号艇がそろってフライングして失格となり、1号艇が転覆したことから、ゴールしたのは3艇のみでした。

また、4号艇の単勝払戻金は「特払70円」となっています。特払いとは、舟券の的中者がいなかった場合に投票者全員に按分して払い戻されることです。つまり、勝った4号艇の単勝的中者はいなかったということです。
フライングや転覆などによって4号艇が1着となったので、これほどの高額な払戻金が出たのです。

払戻金の上限金額

ところで、競艇の払戻金には上限があるのを知っていますか?
実は「モーターボート競走法」という法律で上限額が決められており、「2,000万円」となっています。つまり、どんなに高額を的中させようとも2,000万円しか払い戻されません。

では、実際に払戻金が2,000万円を超えることはあるのでしょうか。
結論から言えば、6艇しかない競艇ではかなり難しい数字です。過去最高額が70万円弱なので、この舟券を3,000円分買えば2,000万円を超えます。しかしそうなるともう少しオッズが下がると思われるので、現実的な計算ではありません。

たびたび上限額超えの払戻金が出れば、当然的中者からの苦情もあるでしょう。法律を定める際にはその辺を考えて、現実的ではない2,000万円という金額設定をしているのではないでしょうか。

まとめ

競艇をする上では一番大事な払戻金の仕組みはわかりましたか?
6艇しかないために、競艇の払戻金は競馬などと比べると低くなります。しかし、初心者でも比較的当てやすいということでもあります。

舟券を購入する際は、予想の精度を上げることはもちろんオッズをよく確認しましょう。あまりにもオッズの低いレースには手を出さないのも一つの方法です。オッズを把握して、より利益を出せるようにしましょう。