競艇の若手がしてはいけない暗黙のルール

ボートレーサー
船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇には公式ルールには明記されてない、暗黙のルールがいくつか存在します。なかでも若手がしてはいけないことがあるため紹介したいと思います。

先輩やベテラン選手よりインコースを取る前付け

まずはピット離れ後に行われる待機行動時の前付けです。

前付けはインコース艇に若手選手が乗っている場合によくアウトコースのベテラン選手やA1級選手が枠番よりインコースを主張し内に入ろうとコースを取り合う駆け引きであり、A級選手とB級選手が混在しているレースで見かける機会があります。

この行為は先輩後輩であり師弟でもある上下関係を重んじる競艇界において、後輩選手より年齢が上で経験値がある先輩選手が前付けでインコースを主張することは戦術において理解できる。

逆に若手選手が実力あるA1級選手に前付けすることは競艇ルール上において問題ないが、先も記したように上下関係が厳しいという背景が大きくあり暗黙のルールを破ることになるでしょう。

若手選手の前付けした日には予想をする人も驚愕すること間違いありません。

B2級の新人選手は事故回避のため進入は6コースが基本

階級で一番下のランクのB2級は、ボートレース養成所から卒業後まもなくプロの競艇選手になったばかりの新人がほとんどです。

なので実戦経験がかなり浅く技術やメンタルなどどれをとってもB1級選手以上よりも脆くレース中の事故が懸念されるため、進入は基本的に大外6コースになります。

例え出走表で枠番が4コースや5コースとなっていても、自ら率先して6コースに回るのが暗黙のルールです。

仮にそのまま4コースで進入してしまった場合、両隣のコース艇に挟まれ第1ターンマーク旋回時に転覆や落水といった事故を起こし、他艇や他選手を巻き込む可能性が極めて高くなります。

競艇の事故は選手生命を落としかねないことにもなるため、そのようなことが起きないようデビューしたての新人選手は長い期間枠番関係なく6コースからの進入が基本となります。

なので予想する人も、節間通じて6コースばかり進入する艇がいれば新人選手だと思って予想の参考にするといいでしょう。

“しぼる”、“ツケマイ”といった走行や旋回戦術

競艇には1着では差し、捲りといいった決まり手や2着3着では道中での抜きなどで勝敗を分けることが多いですが、他に着順を争うための戦術として高度なテクニックがあります。

まず“しぼる”という技ですが、これは例えばアウトコース4号艇が好スタートを切り先に第1ターンマークを旋回すると想定した場合、スタート直後インコース艇より前に出て絞るように斜め走行しながら第1ターンマークへ向かい、絞ったインコース艇の旋回を先にさせないよう妨ぐテクニックです。

思い切ったスタート勘とスタート後の走行テクニックが必要なためこの技ができる選手は限られておりますが、決まったときは綺麗な捲りが繰り広げられます。

 

しかし猛スピードで艇と艇の接触もあるために、強引にしぼりをしてしまうと大事故に繋がるリスクがあることから状況判断の難しさもあります。

このようなことから経験が浅い若手選手ができる技ではなく、例え出走レースで好スタートが切れてもリスクが付きまとうことから、暗黙のルールとして行うことがないという認識になるでしょう。

 

そして“ツケマイ”ですが、旋回テクニックの技でターンマークを他艇と接戦で旋回する際に内側の艇にぴったりと密着するようにして全速ターンで外側から抜いていくという技です。

これも高度なテクニックが必要なことから、経験値が高くスキルがある限られた選手にしかすることができません。

 

こちらも綺麗に決まると着順が上がる可能性が高くなり見ているこちらもテンションが上がり気持ちの良いものですが、スピードを緩めず全速ターンで旋回するので遠心力で艇が外へと流れやすく不安定な状態でハンドルを捌くことになるため転覆や落水事故のリスクも高くなります。選手自身勝ちたい気持ちが強いため技を使いたくなることはわかるが、この技を経験が浅い若手が勢いあまってやってしまうと他艇を巻き込む事故に繋がるため、未熟なうちはやってはいけない暗黙のルールといえるでしょう。

まとめ

このように競艇はレースで危険が伴ううえ、先輩後輩の上下関係がものすごく強いことから、公式ルールにはない暗黙のルールというものが存在してしまいます。

ほとんどの若手選手は把握していることでしょうから、予想する側からしたら以上のようなことに反する行為は基本的にないと思っていいでしょう。

 

仮に若手選手が暗黙のルールを破ってしまった場合には、当事者の選手から激怒されてしまうことが予想され、また競艇ファンや舟券を予想する人からも不信感を買ってしまう恐れも出てきます。

デビューしたての新人や経験が浅い若手選手は、まずは競艇界の掟を把握して勉強することが第一歩で経験を積み重ねていくこととなり、いずれ進入での戦術やスタート、旋回でのテクニックを身に付け実戦で行える日が来ることでしょう。