待機行動違反とは?ルールと減点について

待機行動違反事故
ネットで競艇楽しむなら船の時代
  • 1万円分のポイントがもらえる!
  • 無料買い目が美味しすぎ
  • 安定して高い回収率をキープ

船の時代を無料で試してみる

メアドだけでかんたん10秒登録

競艇のスタート前に見られる待機行動。コースへとただ移動しているように見えるかもしれませんが、実はそこには様々なルールが定められています。ルールがあるということは当然罰則も設けられています。
ここでは、待機行動のルールと違反について紹介します。

出会い系No1 ハッピーメールで話し相手即ゲット!

 

待機行動とは

待機行動とは、ピットを離れてからスタートするまでのことをいいます。

ボートレースでは、1号艇から順番にスタートコースに入るというわけではありません。そのため、レーサーが自由にスタートコースを選択するコース取りが行われます。これも待機行動中に行われます。

待機行動は何のためにするの?

待機行動は、時間にして1分40秒から50秒ほどです。
まずは待機航走として、ボートがピットアウトした後にスタートラインに真っ直ぐ向くまでの時間があります。この間に各艇はスタートコースを取り合うために、駆け引きを行います。この駆け引きは、初心者には少しわかりにくいものかもしれません。

次に進入航走として、スタートラインに正対してからスタートラインを通過する直前までの時間があります。この間は大時計に合わせてスタートを切れるように、加速をしていきます。一瞬でも判断を誤ればフライングや出遅れを起こしてしまうことになり、これには重いペナルティが課せられます。わずかな時間でスタートを通過するという競艇選手の技術が見られる瞬間でもあります。

コース取り

競艇では圧倒的にインコースが有利といわれています。特に1コースの勝率は全国平均で5割を超えています。
しかし、どの艇も競って1コースを取ろうとするかというと、そうでもありません。これはなぜでしょうか。

ボートにはブレーキがありません。インコースを狙うあまりに早めに進入すると、ボートが前方へと進んでしまい助走距離が短くなってしまいます。いくらインコースをとったとしてもトップスピードでスタートを切れなければ、他の艇に離されてしまいます。

そこでどの艇も無理にインコースを取りに行くようなことはせず、枠なりの進入となることが多いのです。

待機行動のルール

待機行動には、細かいルールが定められています。
2009年に待機行動の活性化とよりわかりやすいものとすることを目的として「待機行動実施細則」の一部が改正されました。

違反となる行為

違反となる行為には、以下のようなものがあります。

○インコースに入る艇は、第2マークとの間隔を空けすぎないこと。また、2コースから5コースの艇は、内側の隣接する艇との間隔を空けすぎないこと。

○接近している他艇の進路を妨害すること。また、追突等で他艇に支障を生じさせること。

○ターンマーク等への接触(手でつかまることも含む)で進入が深くなるのを避けること。

○故意にエンジンを停止させて進入が深くなるのを避けること

○艇先をスタートラインに向けた後に、再度スタートラインと反対方向に航走すること。

2009年に改訂されたのは4項目です。より待機行動をわかりやすくするために改訂されました。

○待機行動のバックストレッチ側でスロー航走する場合は速やかに内線にボートを寄せ、内線と平行に航走することを規定化する。

○スロー航走時の右転舵は待機行動違反とする。ボートを内線に寄せた場合とダッシュ艇が助走距離を取るための場合は除く。

○ホーム側で150メートルの見透かし線に先に到達したボートからコースの優先権が得られるものとする。

○スタート展示に出られなかった選手が、本番レースで最アウトから進入しない場合は違反とされていたが、この項目は削除する。

文字にすると少しわかりにくいかもしれませんが、基本的には他艇の妨害になることや時間稼ぎになるようなことが禁止されています。よりレースをわかりやすく平等にするために細かく定められているのです。

待機行動違反の罰則

では、待機行動違反をした場合はどういった罰則があるのでしょうか。

待機行動違反をした選手は、事故点-2点が加算されます。事故点は、選手がスタート事故や反則を起こした場合に加算される点数です。事故点÷出走数で事故率を算出し、それが0.70を超えると、次期はB2への降格となります。

また、待機行動違反を複数回繰り返した場合は、即日帰郷の対象となります。その後のレースに参加できなくなるため、これも選手にとっては痛手です。

選手にとっては痛い事故点加算ですが、レースは正常に行われているので失格や返還等はありません。また待機行動違反の発表は審判が判定したものをレース後に行うため、ファンにとっては気付きにくいものかもしれません。

まとめ

ファンにとっては少しわかりにくい待機行動違反。細かいルールの下で審判が判断しているため、あからさまなものならばともかく素人には理解しにくいものが多いのは事実です。違反があっても返還がなく、直接ファンには関係ないことも影響しているといえます。

とはいえ、競艇においてのスタートはとても大事な要素です。予想をする上では、頭に入れておきたい知識です。

競艇に必勝法は回収率に注目

パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。

競艇にしても同じことが言えます。

 

回収率100%を超える買い方

以下の回収率をご覧ください。

  1.  一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率75%
  2.  1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率85・1%
  3.  1-2-3のボックス舟券を買い続けると回収率69・3%

どれも回収率100%以上にはなりません。

回収率100%を超えるには

方法は2つ。

鉄板レースの3連単

1つ目は1-2-3が確実に来そうな鉄板レースの3連単を買うこと。1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。

 

インコースが凹むレースの3連単

もう一つは万舟券のレースを見極める方法。

それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。インコース勢が凹むパターンとしては4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。

 

先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。

 

まるかめ 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5R

4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。

 

万舟券

結果、3号艇服部選手が犠牲になります。2号艇もバランスを崩して外に。5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。

 

4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。

 

競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ

実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。

 

こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。

予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。

 

大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。

 

以下は私が競艇予想サイト 船の時代 で購入した買い目(見事的中!)です。

 

徳山競艇 12月17日 (初日)10R

 

 

 

競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

 

V-MAX

  • メールのデータ量と情熱がすごい!
  • 大穴ゲットの姿勢が好き
  • 無料買い目が結構当たる

船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇ライフ

3人のプロ競艇予想士が在籍
無料情報を見るだけでも有益
穴狙い、安定重視など好みで選べる

事故
パイレーツの財宝
パイレーツボート