競艇で妨害失格返還金なしとか納得いかないルールについて叫んでいい? 私の舟券返しなさいよ!!

事故
ネットで競艇楽しむなら船の時代
  • 1万円分のポイントがもらえる!
  • 無料買い目が美味しすぎ
  • 安定して高い回収率をキープ

船の時代を無料で試してみる

メアドだけでかんたん10秒登録
出会い系No1 ハッピーメールで話し相手即ゲット!

 

なぜ?進入が枠番通り固定されていない!

競艇は1号艇は1コース、2号艇2コース…と枠番通りに艇とコースが固定されておらず、レース前から進入の駆け引きが行われます。

競艇場によっては1日12レース行われる中1、2レースほど進入固定レースが番組で組み込まれていることがあるが、全競艇場をみてみると固定されていないレースで行われることがほとんどです。

このルールにより、考え抜いて購入した舟券が台無しになることもあるため納得できない!と言いたくなります。

例えば周回展示では枠番通りの進入だったのに、本番レースでピットアウトが遅れた艇がいたらその艇は枠番通りのコースが主張できなくなってアウトコースの進入になってしまったり、周回展示で前付けする艇がいなかったのに、本番の待機行動では前付けする艇が出てきて進入がバラバラになったりするなど・・・。

的中を確信して予想し購入した舟券に影響が出てしまい、予想が外れる可能性が高くなって白けたり怒ったりするでしょう。

私も初めて上記のようなことを食らったときは苛立ちました。選手はレースで1着を取りたいため有利なインコースを取ろうと動きを見せるのは分かるが、周回展示と本番レースで違う進入はいい加減止めていただきたい。

またベテラン選手と若手選手が混在したレースのとき、暗黙のルールからかベテラン選手が4から6号艇に乗っているとき当たり前のように前付けでインコースを主張し、インコースの若手選手はアウトコースに回ってしまうなどの展開も見かけたりしますが、これだと若手選手が成長せず強くならないのではないかと感じることもあります。

最近では、競艇初心者にも分かりやすくて的中させやすいよう進入固定レースが開催する競艇場が出てきてはいるが、先に記したようなこともあるのも事実で進入固定のレースをもう少し増やしていくべきではないでしょうか。

 

フライング失格は返還金があるが、妨害失格や転覆失格には返還金がない!

フライングスタート方式という特定の時間内に合わせて一斉にスタートを切る競艇だが、フライングをした場合その艇は失格となりフライング艇を購入した舟券は返還金として購入者へ戻ってくる。

しかし返還金が戻ってくるのはフライング失格のみが対象で、レース中の他艇への妨害、転覆や落水失格などでレースができない状態になってしまった艇が発生した場合、それらの失格した艇の舟券は返還金として戻ってくることがありません。

なぜフライング失格は返還金があるのに、妨害や転覆失格にはないのでしょうか。どちらもアクシデントであり、予想することは困難です。

 

実際の体験談として、ゴール寸前の最終ターンマークで投票していた艇が転覆を起こして失格となり、的中していたであろう舟券が紙くずになってしまったことがありますが、その時の気持ちはなんとも言えないショックと怒りしかありませんでした。

妨害や転覆まで誰が予想できるのかっていう話です。フライング失格以外のアクシデントに対しても、返還金について運営側は舟券を買う方へもう少し考え直してもらいたい。

必要なのか、全艇スロースタートよ!

スタート隊形に関してですが、枠なりスロースタート、ダッシュスタート3対3のスタート構図が基本的に多いが、まれにスロー4ダッシュ2、スロー5ダッシュ1などの隊形を見ることがあります。

そんな中それ以上に珍しいのが、全艇スロースタートです。文字通り全艇がスロースタート状態からスタートタイミング見て助走を開始し、第1ターンマークに向かってスタートを駆け出します。

このような隊形になる理由として、6コース選手に前付けする選手がいる流れから5コース、4コース…と内の艇が枠番主張を維持したいためのようで、全艇スローだとスタート位置が深くなり、アウトコース艇はスタート時の勢いがダッシュスタートするときよりも弱く、勢いよく決めていく捲りや捲り差しが決まりにくくなったりします。

 

また醍醐味であるスタート後の第1ターンマークのターンのインパクトもなく、1号艇の逃げで堅いレース決着の展開が予想されます。

堅いレース予想をする方はいいかもしれませんが、荒れる展開予想を求めている方は納得できないかもしれません。

それでも全艇スロースタートに関しては、むしろ見かけることが珍しいため見る価値はあるでしょうし、納得できなければ全艇スロースタートの投票をしなければいいだけではあるんですが…。

やる気があるのか分かりにくい周回展示

周回展示は本番レースに出走する選手が直前に舟足の感覚を掴むために走ることだが、この周回展示を見ることで予想の参考になるという声はもちろんであるが、一方で周回展示では少し手を抜くといった選手もいます。

周回展示でスタート決まっていたのに本番ではドカ遅れしたり、逆にドカ遅れスタートで周回展示を終えて本番ではバチっと決めてきたりすることもあったり、なぜそうなるのか見抜きづらく選手はどのくらいの力量で周回展示をやっているのか知りたいぐらいです。

ただ特定の選手が周回展示は手を抜いているような感覚に見えるだけであって、選手全員がそうではないということをお間違いないように。

競艇に必勝法は回収率に注目

パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。

競艇にしても同じことが言えます。

 

回収率100%を超える買い方

以下の回収率をご覧ください。

  1.  一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率75%
  2.  1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率85・1%
  3.  1-2-3のボックス舟券を買い続けると回収率69・3%

どれも回収率100%以上にはなりません。

回収率100%を超えるには

方法は2つ。

鉄板レースの3連単

1つ目は1-2-3が確実に来そうな鉄板レースの3連単を買うこと。1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。

 

インコースが凹むレースの3連単

もう一つは万舟券のレースを見極める方法。

それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。インコース勢が凹むパターンとしては4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。

 

先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。

 

まるかめ 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5R

4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。

 

万舟券

結果、3号艇服部選手が犠牲になります。2号艇もバランスを崩して外に。5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。

 

4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。

 

競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ

実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。

 

こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。

予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。

 

大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。

 

以下は私が競艇予想サイト 船の時代 で購入した買い目(見事的中!)です。

 

徳山競艇 12月17日 (初日)10R

 

 

 

競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

 

V-MAX

  • メールのデータ量と情熱がすごい!
  • 大穴ゲットの姿勢が好き
  • 無料買い目が結構当たる

船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇ライフ

3人のプロ競艇予想士が在籍
無料情報を見るだけでも有益
穴狙い、安定重視など好みで選べる

事故
パイレーツの財宝
パイレーツボート