競艇の階級(ランク)の種類と決まり方

競艇選手の階級ボートレーサー
ネットで競艇楽しむなら船の時代
  • 1万円分のポイントがもらえる!
  • 無料買い目が美味しすぎ
  • 安定して高い回収率をキープ

船の時代を無料で試してみる

メアドだけでかんたん10秒登録

競艇の出走表を見ていると、必ず「A1」や「B1」といった選手の階級が記載されています。この階級こそが、選手の実力を示すものです。階級は選手の成績によって分けられています。ここでは、階級の種類や決め方について紹介します。

出会い系No1 ハッピーメールで話し相手即ゲット!

 

競艇の階級とそれによる違い

男女合わせて約1,600人いるボートレーサーは、その成績によって4つの階級に分けられています。選手は、階級によって出場できるレースや日数が変わってきます。

競艇の階級

ボートレーサーの階級は、「A1」「A2」「B1」「B2」の4段階があります。階級は半年に一度、シーズン中の成績によって決められます。最も上の階級がA1級で、全レーサーのうちの20%ほどで約320人です。続くA2級も約320人、B1級が最も多くて約700人、B2級は最も少ない約250人となっています。

階級を見ると、その選手の大体の実力を推し量ることができます。そのため、階級はレース予想をする上で重要な判断材料のひとつとなります。

競艇の階級による差

ボートレーサーは階級によって収入に大きな差があります。ボートレーサーの平均年収は約1,600万円です。一番下のB2級の平均年収は、全体平均を大きく下回る約500万円です。B1級では1,100万円、A2級では1,800万円、そして最上級のA1級では約3,000万円となっています。

収入の差は、出走回数の増減によるものです。出場可能数は階級によって異なります。A1級やA2級の選手が月に15回程度出場できるのに対し、B2級の選手はその半分ほどしか出場できません。
出走すれば出走手当が支給されますので、それだけでも収入に半分の差が出ます。また賞金の高いSG競争に参加できるのは、ほとんどがA1級の選手です。そこでの獲得賞金も収入に大きな差を生み出しています。

階級の決め方

ボートレーサーの階級は、シーズン中の成績によって決まります。それぞれの階級には条件が設けられており、成績によって振り分けられるのです。

競艇の階級の条件

競艇の階級を決めるための条件として、「勝率」「2連対率」「3連対率」「事故率」「最低出走回数」が定められています。

A1級
2連対率30%以上、3連対率40%以上の勝率上位者で、事故率が0.70以下、最低出走回数が90回以上の選手
A2級
2連対率30%以上、3連対率40%以上のA1級を除く勝率上位者で、事故率が0.70以下、最低出走回数が70回以上の選手
B1級
勝率2.00以上でA1級及びA2級を除く勝率上位者で、事故率が0.70以下、最低出走回数が50回以上の選手
B2級
A1級、A2級およびB1級以外の選手や新人選手、事故率が0.70以上の選手

階級を決める際に使われる用語

勝率は、着順点の合計を出走回数で割って算出します。着順点とは、レースの着順に応じて付与されるポイントです。着順点は、1着が10点、2着が8点、3着が6点、4着が4点、5着が2点、6着が1点となっています。SG競争の場合はそれぞれに2点、G1競争およびG2競走の場合はそれぞれに1点が加算されます。優勝戦の場合は、さらに1〜3着に1点、4〜6着に2点が加算されます。

2連対率は過去のレースで2着以内に入った割合で、1着および2着の合計回数を出走回数で割って算出します。3連対率は過去のレースで3着以内に入った割合で、1着、2着および3着の合計回数を出走回数で割って算出します。

事故率は、事故点の合計を出走回数で割って算出します。事故点は違反や選手責任のトラブルに課せられる点数で、スタート事故が20点、妨害失格が15点、転覆や落水などの選手責任による失格が10点となっています。

最低出走回数は、その階級になるために必要な最低限の出走回数です。最低出走回数を設けることで、少ない出走数で高い勝率を維持することへの対策としています。

階級を決める級別審査

ボートレーサーの階級を決める審査を、級別審査といいます。級別審査の対象期間は年2回で、前期(1月1日〜6月30日)の対象期間は5月1日〜10月31日、後期(7月1日〜12月31日)の対象期間は11月1日〜4月30日です。

この期間中の成績によって階級が決まります。そのため、期末に当たる4月と10月は勝負駆けの月となります。

選手が昇級や現級確保を賭けてレースに臨んでくるためです。この時期はあと少しで上の階級に上がれそうな選手は多少の無理をしてでも勝ちにいこうとします。

また、事故率の高い選手はそれ以上事故率を上げないために、スタートが消極的になります。出場選手がどのくらい気合を入れてレースに臨んでいるかという選手気配を見極めることが、勝負駆けの時期の予想では必要となってきます。

まとめ

ボートレーサーは、階級によってそれぞれ収入や出場数で大きな差があります。半年間を同じ階級で過ごすのですから、選手にとっての階級は大変大きな意味を持ちます。
競艇の世界は、B2級の選手が一つでも上のランクを目指す夢がある一方で、たとえA1級のトップレーサーでも事故点が0.70を超えればB2級へと降格になる厳しい世界でもあるのです。
予想をする際には、まずは級別に注目して選手の大体の実力を知ることから始めましょう。

競艇に必勝法は回収率に注目

パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。

競艇にしても同じことが言えます。

 

回収率100%を超える買い方

以下の回収率をご覧ください。

  1.  一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率75%
  2.  1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率85・1%
  3.  1-2-3のボックス舟券を買い続けると回収率69・3%

どれも回収率100%以上にはなりません。

回収率100%を超えるには

方法は2つ。

鉄板レースの3連単

1つ目は1-2-3が確実に来そうな鉄板レースの3連単を買うこと。1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。

 

インコースが凹むレースの3連単

もう一つは万舟券のレースを見極める方法。

それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。インコース勢が凹むパターンとしては4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。

 

先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。

 

まるかめ 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5R

4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。

 

万舟券

結果、3号艇服部選手が犠牲になります。2号艇もバランスを崩して外に。5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。

 

4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。

 

競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ

実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。

 

こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。

予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。

 

大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。

 

以下は私が競艇予想サイト 船の時代 で購入した買い目(見事的中!)です。

 

徳山競艇 12月17日 (初日)10R

 

 

 

競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

 

V-MAX

  • メールのデータ量と情熱がすごい!
  • 大穴ゲットの姿勢が好き
  • 無料買い目が結構当たる

船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇ライフ

3人のプロ競艇予想士が在籍
無料情報を見るだけでも有益
穴狙い、安定重視など好みで選べる

ボートレーサー
パイレーツの財宝
パイレーツボート