まくり差しが起きやすい競艇場と条件は?事前予想して1号艇を外す

まくり差し競艇の勝ち方
ネットで競艇楽しむなら船の時代
  • 1万円分のポイントがもらえる!
  • 無料買い目が美味しすぎ
  • 安定して高い回収率をキープ

船の時代を無料で試してみる

メアドだけでかんたん10秒登録

圧倒的にインコースが強いといわれる競艇ですが、高配当が期待できるひとつにアウトコースのまくり差しがあります。しかし、インコースの勝率が5割を超えている以上、そうたびたび起こることでもありません。
まくり差しが起きやすい条件や競艇場はあるのでしょうか?

出会い系No1 ハッピーメールで話し相手即ゲット!

 

まくり差しとは

まず、まくり差しについて知っておきましょう。まくり差しとは、競艇の決まり手のひとつです。同じような名前を持つ「まくり」や「差し」とどう違うのでしょうか?

競艇の決まり手

競艇で1着になった艇の勝ち方のことを、「決まり手」といいます。レース結果を見ると、1着の艇がどういう勝ち方で勝ったのかが必ず記載されています。

競艇には、6種類の決まり手があります。逃げ・差し・まくり・まくり差し・抜き・恵まれです。

 

逃げとは、インコースの艇が1周目の第1ターンマークで最初にターンしてそのまま後続の艇を振り切る戦法です。競艇のインコースの勝率は50%を超えているので、半分以上の決まり手が逃げということになります。

差しとは、先にターンしていったインコースの艇やまくりの戦法をとる艇の内側を突き抜ける戦法で、テクニックを必要とします。先行の艇の引き波を超えるパワーが強ければ強いほど成功率が高くなります。

まくりとは、2〜6コースからスタートした艇が、スピードに乗って1周目の第1ターンマークで内側の艇を外から抜いていく戦法です。若手選手やアウトコースを得意とするレーサーがよく使う戦法で、この戦法が得意な選手は「まくり屋」と呼ばれます。

抜きとは、1周目の第2ターンマーク以降に前の艇を抜いて勝つ決まり手です。競艇の勝負はたいてい第1ターンマークで決まることが多いのですが、そこで決まらずにもつれ込んだ場合にこの決まり手がよく見られます。

恵まれとは、その名の通り先行している艇がフライングや転覆等の事故でレースから離脱した場合に、後続の艇が結果的に1着に繰り上がった時の決まり手です。

まくり差し

まくり差しは、3〜6コースからスタートした艇が、1周目の第1ターンマークでいくつかの艇をまくり、さらに先行しようとした艇を差す戦法です。
まくって差すのですから、スピードだけではなく、高度なハンドルワークといった技術、一瞬の判断力が必要とされる高度な決まり手です。

まくり差しを得意とする選手も存在しており、「まくり屋」や「アウト屋」と呼ばれています。一発狙いの選手たちなので、高配当を狙うファンからは重宝されています。

まくり差しの起きやすい条件と競艇場

逃げが決まり手の5割以上を占める中で、まくり差しはよく見られる決まり手ではありません。その中でも比較的起こりやすい条件と競艇場を紹介します。

まくり差しが起きやすくなる条件

まくり差しが決まるための条件として、スタートの良さやモーターの性能、そして何より選手の技量にあります。

インコースの艇より少しでも早くスタートを切ればそれだけ有利になりますし、モーターの性能が良ければ高速でまくることができます。
そして、それを見極めるだけの選手の技量と判断力が何よりの条件で、経験の浅い若手選手では難しいとされています。

まくり差しが決まりやすい競争水面の条件としては、引き潮があります。潮が引くと水面が安定するので、スピードのあるターンがしやすくなるのです。そのため、アウトコースからでも全速ターンがしやすくなり、まくりやまくり差しが決まりやすくなります。
また、競争水面が広い場合も思い切ったターンができるのでまくり差しが決まりやすくなります。

まくり差しが決まりやすい競艇場

浜名湖競艇場は、インコースの勝率が低いことで有名です。インコースの勝率が低いということは、決まり手が逃げである確率も全国平均を下回っています。

この浜名湖競艇場で、全国平均を大きく上回っているのが、3コースのまくり差しです。

 

浜名湖競艇場は広大な競争水面を擁しており、それを利用した豪快な攻めができるためです。また水質は汽水ですが、干満の差はなく安定した水面であることもまくり差しが決まる理由のひとつです。

 

蒲郡競艇場は、全国でも屈指の静水面であり、基本的にはインコースが有利とされています。しかし、実は広い競争水面を生かしてのアウトコースのまくり差しが決まりやすい競艇場でもあります。

 

常滑競艇場はインコースが強い競艇場ですが、5、6コースのまくり差しが決まる率は全国でも上位にあります。ここで万舟券を狙うならば、アウトコースのまくり差しです。

 

津競艇場では、最近では3、4コースではまくり差しの決まる率が上昇しています。風の影響を受けやすい津競艇場ですが、特に向かい風が吹くとまくり差しが決まる傾向が強くなります。

 

児島競艇場では、3コースのまくり差しの勝率が高くなっています。特に追い風が強まるとまくり差しが決まる率が高くなります。

 

まとめ

高度な技術が必要とされるまくり差し。見た目も派手な技であることから、好きな決まり手として挙げるファンも多い決まり手です。

インコース有利といわれる中で、華麗なまくり差しに賭けて高配当を狙ってみるのも面白いでしょう。

競艇に必勝法は回収率に注目

パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。

競艇にしても同じことが言えます。

 

回収率100%を超える買い方

以下の回収率をご覧ください。

  1.  一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率75%
  2.  1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率85・1%
  3.  1-2-3のボックス舟券を買い続けると回収率69・3%

どれも回収率100%以上にはなりません。

回収率100%を超えるには

方法は2つ。

鉄板レースの3連単

1つ目は1-2-3が確実に来そうな鉄板レースの3連単を買うこと。1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。

 

インコースが凹むレースの3連単

もう一つは万舟券のレースを見極める方法。

それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。インコース勢が凹むパターンとしては4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。

 

先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。

 

まるかめ 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5R

4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。

 

万舟券

結果、3号艇服部選手が犠牲になります。2号艇もバランスを崩して外に。5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。

 

4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。

 

競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ

実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。

 

こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。

予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。

 

大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。

 

以下は私が競艇予想サイト 船の時代 で購入した買い目(見事的中!)です。

 

徳山競艇 12月17日 (初日)10R

 

 

 

競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

 

V-MAX

  • メールのデータ量と情熱がすごい!
  • 大穴ゲットの姿勢が好き
  • 無料買い目が結構当たる

船の時代

無料会員登録で1万円分のポイント獲得
競艇無料予想情報公開中
競艇を本気で勝ちたい人に

競艇ライフ

3人のプロ競艇予想士が在籍
無料情報を見るだけでも有益
穴狙い、安定重視など好みで選べる

競艇の勝ち方
パイレーツの財宝
パイレーツボート