まくり差しが起きやすい競艇場と条件は?事前予想して1号艇を外す

まくり差し競艇の勝ち方

圧倒的にインコースが強いといわれる競艇ですが、高配当が期待できるひとつにアウトコースのまくり差しがあります。しかし、インコースの勝率が5割を超えている以上、そうたびたび起こることでもありません。
まくり差しが起きやすい条件や競艇場はあるのでしょうか?

まくり差しとは

まず、まくり差しについて知っておきましょう。まくり差しとは、競艇の決まり手のひとつです。同じような名前を持つ「まくり」や「差し」とどう違うのでしょうか?

競艇の決まり手

競艇で1着になった艇の勝ち方のことを、「決まり手」といいます。レース結果を見ると、1着の艇がどういう勝ち方で勝ったのかが必ず記載されています。

競艇には、6種類の決まり手があります。逃げ・差し・まくり・まくり差し・抜き・恵まれです。

 

逃げとは、インコースの艇が1周目の第1ターンマークで最初にターンしてそのまま後続の艇を振り切る戦法です。競艇のインコースの勝率は50%を超えているので、半分以上の決まり手が逃げということになります。

差しとは、先にターンしていったインコースの艇やまくりの戦法をとる艇の内側を突き抜ける戦法で、テクニックを必要とします。先行の艇の引き波を超えるパワーが強ければ強いほど成功率が高くなります。

まくりとは、2〜6コースからスタートした艇が、スピードに乗って1周目の第1ターンマークで内側の艇を外から抜いていく戦法です。若手選手やアウトコースを得意とするレーサーがよく使う戦法で、この戦法が得意な選手は「まくり屋」と呼ばれます。

抜きとは、1周目の第2ターンマーク以降に前の艇を抜いて勝つ決まり手です。競艇の勝負はたいてい第1ターンマークで決まることが多いのですが、そこで決まらずにもつれ込んだ場合にこの決まり手がよく見られます。

恵まれとは、その名の通り先行している艇がフライングや転覆等の事故でレースから離脱した場合に、後続の艇が結果的に1着に繰り上がった時の決まり手です。

まくり差し

まくり差しは、3〜6コースからスタートした艇が、1周目の第1ターンマークでいくつかの艇をまくり、さらに先行しようとした艇を差す戦法です。
まくって差すのですから、スピードだけではなく、高度なハンドルワークといった技術、一瞬の判断力が必要とされる高度な決まり手です。

まくり差しを得意とする選手も存在しており、「まくり屋」や「アウト屋」と呼ばれています。一発狙いの選手たちなので、高配当を狙うファンからは重宝されています。

まくり差しの起きやすい条件と競艇場

逃げが決まり手の5割以上を占める中で、まくり差しはよく見られる決まり手ではありません。その中でも比較的起こりやすい条件と競艇場を紹介します。

まくり差しが起きやすくなる条件

まくり差しが決まるための条件として、スタートの良さやモーターの性能、そして何より選手の技量にあります。

インコースの艇より少しでも早くスタートを切ればそれだけ有利になりますし、モーターの性能が良ければ高速でまくることができます。
そして、それを見極めるだけの選手の技量と判断力が何よりの条件で、経験の浅い若手選手では難しいとされています。

まくり差しが決まりやすい競争水面の条件としては、引き潮があります。潮が引くと水面が安定するので、スピードのあるターンがしやすくなるのです。そのため、アウトコースからでも全速ターンがしやすくなり、まくりやまくり差しが決まりやすくなります。
また、競争水面が広い場合も思い切ったターンができるのでまくり差しが決まりやすくなります。

まくり差しが決まりやすい競艇場

浜名湖競艇場は、インコースの勝率が低いことで有名です。インコースの勝率が低いということは、決まり手が逃げである確率も全国平均を下回っています。

この浜名湖競艇場で、全国平均を大きく上回っているのが、3コースのまくり差しです。

 

浜名湖競艇場は広大な競争水面を擁しており、それを利用した豪快な攻めができるためです。また水質は汽水ですが、干満の差はなく安定した水面であることもまくり差しが決まる理由のひとつです。

 

蒲郡競艇場は、全国でも屈指の静水面であり、基本的にはインコースが有利とされています。しかし、実は広い競争水面を生かしてのアウトコースのまくり差しが決まりやすい競艇場でもあります。

 

常滑競艇場はインコースが強い競艇場ですが、5、6コースのまくり差しが決まる率は全国でも上位にあります。ここで万舟券を狙うならば、アウトコースのまくり差しです。

 

津競艇場では、最近では3、4コースではまくり差しの決まる率が上昇しています。風の影響を受けやすい津競艇場ですが、特に向かい風が吹くとまくり差しが決まる傾向が強くなります。

 

児島競艇場では、3コースのまくり差しの勝率が高くなっています。特に追い風が強まるとまくり差しが決まる率が高くなります。

 

まとめ

高度な技術が必要とされるまくり差し。見た目も派手な技であることから、好きな決まり手として挙げるファンも多い決まり手です。

インコース有利といわれる中で、華麗なまくり差しに賭けて高配当を狙ってみるのも面白いでしょう。