競艇の確率論からの必勝法!1番人気の舟券を買い続けたらどうなる?

競艇の確率論競艇の勝ち方

競艇に限らずギャンブルで確実に当たる買い方はあります。全通り買えば必ず当たります。ただし、回収率が必ず何倍にもなるという買い方はありません。

競馬で高額の資金を動かして数%の儲けを積み重ねて、利益を出したという例は過去にありましたが、運が良くなければ儲からないというのがギャンブルです。

ただ、毎レース機械的に買うのではなく、データを集めて予想をすれば、回収率が100%を超え、儲けが出ると思って誰もが舟券を買っています。でも、競艇で儲けを出している人はそうたくさんはいません。

競艇で当たる確率

先ず、単純に競艇で当たる確率を計算してみると以下のようになります。この数字はほかのどの競技と比べても競艇が一番高い数字になっています。

何故かと言えば競艇は6艇が争う競技で、他と比べて一番数が少ないからです。数が少ないということは当てやすいという事にもなります。

でも、下の数字を見ればわかると思いますが、三連単となると的中する確率は1%にも満たないということが分かると思います。

 

舟券の種類ごとの当たる確率

舟券の種類計算式確率的中率
三連単6×5×4120分の10.83%
三連複6×5×4÷620分の15.00%
拡連複6×5÷2÷35分の120.00%
二連単6×530分の13.33%
二連複6×5÷215分の16.66%
単勝6×16分の116.66%
複勝6÷23分の133.33%

これが舟券別の的中率です。

 

ただ、実際は三連単で1-2-3から6-5-4まで120通りある組み合わせが全て同じ確率という訳ではありません。競艇は他の競技と比べて1コースが圧倒的に有利ですから、枠なりのスタートでレースが行われた時の勝率は1コースが断然いいことはお分かりだと思います。

競艇場にもよりますが平均して1コースが1着になるイン逃げで決まるレースが50%ある訳ですから、三連単の的中舟券で1番と2番が絡む確率は80%を超えています。

コースばかりではなく、モーターの良し悪し、選手の力量も考慮すると更に確率は高まります。

意外に少ないワンツーフィニッシュ

現実には1、2号艇のワンツーフィニッシュは意外に少なく、1日に1回くらいです。数字上では1コースの勝率が45%程度、2コースの2着率が27%程度ですから、1、2号艇で決まる確率は10%程度で、計算でも同じような結果になります。

舟券の予想をする際に1号艇か2号艇を三連単に絡めるケースがほとんどですが、どちらも絡むケースやワンツーフィニッシュが思ったほど多くないということが分かります。

人気順や同じ目を買い続ける方法

一番人気の舟券を買い続けると

一方、一番人気の舟券を買い続けたらどうなるか? 検証したデータがあります。

結果は、3連単だと的中率はほぼ10%くらいで、10レースに一回程度の的中、1年間買い続けたとしても回収率は75%でした。

これは、二連複、二連単、三連複では的中率は高くなりますが、回収率は75~80%で、人気の高い舟券を購入しても赤字になることが分かりました。

三連単で1-2-3の舟券を買い続けると

また、三連単で1、2、3の舟券を買い続けるとどんな結果になるか検証してみると、的中率は6・1%、1年間の続けた時の回収率は85・1%でした。

1-2-3のボックス買い

1-2-3のボックス買いだと的中率は16・3%に上がりますが、反対に回収率は69・3%に下がってしまいます。

ボックスの三連複

同じボックスの三連複だと的中率は16・3%で同じですが、回収率は83・0%になります。

 

結局、同じ買い目を続けても回収率が100%を超えることはありません。

でも、三連単の的中率は0・83%ですから、ランダムに三連単を買い続けて殆んど当たらないのであれば、1、2、3を買い続けることで、6倍以上の的中率になることが分かります。そうは言ってもこのように同じ買い方を続けることは競艇の必勝法とは決して言えません。

どう買ったら儲かるのか

では、どうしたら競艇で儲けることが出来るのでしょうか?

機械的に同じ舟券を買っても決して回収率が100%を超えることはないことが確かならば、勝てるレースを選んで投資することです。

 

競艇は1コースの勝率が約50%あります。そして、1号艇が1コースになるレースがほとんどです。そこで、1号艇にA級の有力選手が入った鉄板レースを探すことです。払戻金は少ないけれど、確実に的中できそうなレースで資金が減らない様に買うことです。

鉄板レースを確実にものにして損が無いようにしていれば、高額配当が狙えそうなレースに挑戦することが出来ます。

そのようなレースとは、1号艇がへこみそうなレースです。1号艇が勝つレースが50%ならば、残りの50%は負けるレースです。

特に4コースのカドに入った選手が捲ったり、差せるようなレースを狙います。一つの競艇場で1日に1レースか2レースある万舟券が出るようなレースを取ることが出来れば確実にその日の回収率は100%を越えます。

最近は舟券をネット購入するファンが多いので、日本中で開催されている100レース以上のほとんどが自宅で購入出来ます。

ですから、鉄板レースを選んで購入することは十分可能です。そこで、確実に当てていけば、マイナスにならない勝負が出来ます。

そして、絶対してはいけないのが、1レースで1000円負けたからと言って2レースに2000円投資する、そこで負けてしまったら今度は4000円投資するという買い方です。コンスタントに同じように買って、的中しやすいレースで積み上げていくのが必勝法と言えます。