競艇予想の仕方と収益プラスのコツ!勝ち方パターンおすすめ3選

競艇の勝ち方
パイレーツの財宝

競艇予想の仕方を知ろう!

競艇は公営競技として、着順を予想するギャンブルとして楽しめます。出走は最大6艇までのため組み合わせがわかりやすく、予想方法には1着だけを当てる単勝、1着2着を当てる2連単、1着から3着を的中させる3連単などが様々ですが、ここでは一番競艇予想でベーシックな3連単の予想の仕方、3連単で収益をプラスにすることについて見ていこうと思います。

着順が堅いと思われるレースにはフォーメーション予想をするべし!

上記で記したように3連単とは、1着2着3着を着順通りに当てる予想の仕方です。例え1着2着は当たっていても3着が外れたら意味がなく、出走が6艇とはいえ予想が難しく奥が深いのが3連単の特徴です。

その3連単の予想でフォーメーションというものがあります。この予想は、1着2着に入りそうな艇は予想できるが3着がわからない場合、1着は予想しやすいが2着に入る艇が複数いる場合などに利用できます。

なので1着(特に1コース1号艇)が堅いと思われるレースには有効です。

 

そして予想するうえのポイントは、買い目を絞ることです。

買い目とは3連単を1-2-3と購入した場合、買い目は1点になります。買い目を絞らず多くすると、的中率は上がりやすくなるが払戻金が数百円や数千円といった少ないプラス収益にしかなりません。

なので例えば1着は軸に出来るレースの場合、2着は2艇ぐらいに絞り3着は全て買う方法の流しにして買い目を最低でも8点ぐらいまでにするといいでしょう。

買い目を少なくする分、的中した時の払戻金は高くなりやすいです。

ただ1番2番人気で的中した場合、オッズが一桁台と低くなりやすいので、購入額に対して払戻金が少なくマイナスになるという“トリガミ”が起きてしまうので注意が必要です。

1着から3着どの艇が入るか全くわからない時にはボックス予想をしよう!

上記のフォーメーション予想では1着が確実視される堅いレースと思われるときに利用が良いとしましたが、次に強い選手が揃って実力が拮抗しているレースや実力が浅いレーサーが揃っていて1号艇の1着が信頼できないレースなど、どの艇が1着に入るかわからない場合の時にはボックス予想の仕方がおすすめです。

この予想の仕方は、6艇の中でもレース直前の展示航走気配を見てなどから1着2着3着に入るだろうと思う3艇を選びます。

フォーメーション予想では1着が堅いと思う艇を1艇もしく2艇ぐらいまでに絞りますが、ボックス予想の場合だと1着に限らず2着3着もわからないというところが予想の仕方で大きく違う部分です。

なおボックス予想だと最低買い目は6点になります。しかしレーサーに実力差が変わらないと、ボックス予想した買い目と全く違う結果になることも可能性として考えられるため、4艇に絞ったボックス予想で24点買いがいいと思います。

フォーメーション予想で買い目を絞った方が良いのじゃないかと記しましたが、ボックス予想は6艇中どの艇が上位に入るかわからずどの艇にも1着や2着と予想できるレースの場合に利用したいため、買い目を絞るのは難しくなります。

 

またそのようなレースの場合、オッズが偏りにくく更には高配当の目もあることから払戻金が高額になる可能性が高くなりやすいので、4艇に絞ったボックス買いがおすすめかと思います。

ボックス予想の注意としては、一発狙いな要素があるので外れやすいが高めで、買い目に対して購入額を増やしにくいことなどがリスクとしてあるでしょう。

トリガミにならない買い方を意識しよう

収益を高確率でプラスにしていくには、フォーメーション予想で堅いレースで人気が高いオッズの買い目を高額で購入する仕方が良いと思っております。

しかし、記したように堅いレース予想は人気が偏りオッズが低くなりやすいので、せっかく予想して的中させたにも関わらず払戻金が購入額より下回るトリガミになると全く意味がありません。

そうならないためにも、トリガミにならないような舟券の買い方をすることも大事であり、例えば1番人気を外して2番人気以降で勝負したり、1番人気一点買いや1着は固定で2着の1番人気を外して2番人気で3着は流しにするなど購入に工夫を凝らすことが大事です。

 

オッズが一番低い1番人気といえど、競艇は最後まで何が起きるか分かない競技ですので、1番人気外しはありかと思っております。

出走表を見極め、的中率が高かそうだなと思えるレースに勝負し、トリガミにならないようにすることが収益プラスにしていけるコツかなと思います。

またトリガミのことではないが、舟券を的中させると欲を張って次のレースも当てることができそうという意識が高まりやすくなりがちで、この意識をグッと堪えることも収益をプラスにしていく考え方として大事です。

 

欲を張ってしまうと的中させたことからくる高揚感で考えが鈍って結果外れてしまい、せっかく当てた舟券がその予想したレースによってマイナス収支になる可能性があります。

予想をしようと思っているレースを幾つかに絞り、的中させたらその後のレース今日は予想しないという気持ちで、また別の日にフラットな状態で予想すれば的中に近づきやすくなり、月の収益をプラスにすることができるでしょう。

気持ちや精神面をコントロールすることも、プラスにしていくことに重要な要素だと思います。